再インダクションの食事、体重、ケトスティックスの結果

今までに体重や体脂肪率について説明した本はいくらでもありました。でも、尿中のケトン体の推移まで紹介したものはなかったと思います。今日は、この体脂肪の分解物であるケトン体の推移について、私の実績値を紹介します。

この表では6日間で2.5kgも減ったように見えますが、11/5は前日の食べ過ぎの影響で体重が多目です。また、体内に蓄積された糖質が消費される際には水分も排出されますので、実質的には1kgくらいだと思います。本当に1kg減ったの?と思われる方は、「低糖質ダイエットの記録」のグラフの2001年末付近をご覧ください。その前後での体重の推移が異なるのがわかります。

再インダクションというものの、インダクションよりは少し多目の糖質を食べていますが、
(1)糖質を減らすと、まず体重が減る。
(2)体脂肪の分解は、その後、数日してから盛んになる。
ということがわかります。

ですから、再インダクションをして、少し体重が落ちたからといって、そこでやめては意味がありません。これは、インダクションにも当てはまることですが、「インダクションの勝負は3日目から!」です。

アトキンス・ダイエットを理解するためにお役立てください。

※この結果は、低糖質ダイエットと相性が良いことが確認できた方が、再インダクションをする際の参考データです。なお、糖質量には、調味料、肉料理、魚料理の糖質は含んでおりません。また、食事の量は、基本的に腹八分目+αほどです。

<メルマガGood Health! 2001/11/27号 一部修正>

再インダクションの経過